青山メインランドで不動産投資をしたい!気になる評判や口コミからわかった実態とは?

不動産投資会社を探していて「青山メインランド」に興味を持ち、契約しようか迷っている投資家の方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、青山メインランドがどんな会社なのか、評判や特徴などをご紹介していきます

青山メインランドの企業概要を知っておこう

千代田区内神田に本社を置く青山メインランドは、30年の歴史を持つ老舗のマンションディベロッパーであり、不動産の企画開発・売買・販売の他、不動産資産の運用や管理サービスをおこなっている企業です。

 

また、資産運用型・居住用マンションを展開しているエリアは東京都内・横浜・川崎などが中心であり、取り扱うマンションブランドは「メインステージ(資産運用型ワンルームマンション)」「ランドステージ(分譲ファミリータイプマンション)」という2つがメインとなっています。

 

未上場の企業ではありますが、歴史と実績により、その事業展開は大手不動産会社と肩を並べるほどの規模となってきていますので、今後もさらに期待ができる企業といえるでしょう。

 

青山メインランドで不動産投資をする5つのメリット

では、青山メインランドならではの特徴やメリットを5つご紹介しましょう。

 

①人気エリアの好立地に厳選して展開している

青山メインランドの自社ブランドシリーズの1つであるメインステージは、好立地に厳選して展開されています。
その条件とは、「主要駅から徒歩10分圏内、私鉄・地下鉄でも徒歩5分圏内をクリアする物件」という厳しいもので、すぐに契約が決まってしまう場合も少なくありません。

 

実際に人気のあるエリアと立地は、以下のようになります。

 

  • 都心地区の中央区、品川区、港区
  • 高級住宅地で治安良好な城南、城西、城北エリア
  • 再開発が続く城東エリア

 

2021年時点での最新(2019年)の情報では販売実績として売上高374億2,000万円、物件供給戸数1,004戸、賃貸管理戸数10,324戸(入居率99.01%)、管理棟数379棟となっています。

 

②流行りにとらわれないデザインが多い

青山メインランドの手掛けるマンションは、住む人の目線を大切にして、長く資産価値を保つことができるような内装をベースとしています。
独自性や高いデザイン性といった流行りよりも、スタンダートな造りを優先することで、いつの時代においても飽きのこないものに仕上げているのです。

 

③中長期運用を意識したサポート

青山メインランドではマンションを販売した後も、さまざまなリスクを想定しての運用プランをサポートしています。
たとえば、賃貸に出した区分マンションのクレーム処理・事務全般などは、サブリース契約を結ぶことで請け負ってくれます。
また、万が一空室が発生した場合でも集金代行や家賃保証などでサポートしているため、中長期の運用も不安なくおこなうことができるでしょう。

 

④築35年まで設備が保証される「まもらんど35」

所有物件のメンテナンスは、エアコン・給湯器といった設備の修理や交換など、35年間で200万円ほどの費用がかかるといわれています。
このような事態に備えて、青山メインランドでは「まもらんど35」という住宅設備保証サービスを用意しています。
35年の間にかかる設備修繕費が一定化されるため、急なトラブルの際も安心して対処できるでしょう。

 

⑤参加費無料でセミナーを受講できる

青山メインランドは、マンションのオーナー向けに確定申告に関するセミナー(動画視聴形式)を無料で開催しています。
不動産投資では確定申告を自分でおこなうことになりますが、無料セミナーを視聴することで、初心者でも安心して確定申告をすることができます。

 

気になる青山メインランドの評判・口コミをチェック!

青山メインランドの基本的な情報や特徴を押さえたら、次は評判や実情などもチェックしておきましょう。
よいところはもちろん、悪いところも知っておくことが大切です。

 

評判・口コミから見るよいところ

“熱意はもちろん、アドバイスも的確でレスポンスも早く、営業マンとしての魅力に惚れ惚れしました。”

引用:YAHOO!JAPAN知恵袋

青山メインランドの営業マンは、的確なアドバイスとレスポンスの早さに定評があるようです。

 

“今も家賃収入が入ってくるので、非常に助かっています。団体信用生命保険の手続きの際に、無知の私に対して、口座変更の手続きであったり、司法書士を紹介して頂いて遺産分割協議書の作成の仕方だったり、その他手続きも全て任せてしまったのにもかかわらず嫌な顔一つせず、迅速に対応して頂いた青山メインランドの社員の方には感謝しています。”

引用:YAHOO!JAPAN知恵袋

アフターフォローも実際にしっかりしてくれるようです。
また、公式のインスタグラムやLINE、Twitterなどから相談にも応じています。

 

評判・口コミから見る悪いところ

“今日だけで青山メインランドから4回電話きたな。なんかタイミング悪くて出られない。”

引用:Twitter

勧誘の電話が多いという口コミも見られました。
ただし、昔ながらの営業スタイルということで、地道な活動だと評価している声もあるようです。

 

“青山メインランドの名刺交換って、この季節になるといるよね”

引用:Twitter

駅周辺で名刺交換を依頼する営業マンが多いようですが、青山メインランドではこういった苦情・クレーム対応窓口を設けており、いつでも真摯な姿勢で受け付けています。
また、対面や電話での営業だけに頼らず商談成功率を上げるために、「Salesforce Advertising Studio」の導入もおこなっており、クレームをひとつでも減らせるようにさまざまな面で努めています。

 

青山メインランドなどで不動産投資をする注意点

青山メインランドを含め、不動産投資会社を通して不動産投資をおこなうことになりますので、その際に注意したい点を解説します。

 

収益や管理などを長期的な目線で考える

不動産投資では投資物件の購入からはじまりますので、初月度の収支はマイナスになることが多いです。
しかし、収益性が非常に高い物件を選ぶと、ローン返済が大変になる可能性もあります。
短期的な収益に目を奪われず、失敗のリスクを最小限に抑えた長期的な資金計画を立てることが大切です。

 

空室にならない入居需要が高い立地を選ぶ

不動産投資で一番身近なリスクは「空室の発生」だといえます。
空室になると家賃収入がストップしますので、ローン返済が難しくなってしまうのです。空室リスクを回避するためにも、「駅近」「買い物環境や治安が良好」といった入居需要の高い立地の物件を選ぶようにしましょう。

 

サポートが充実している管理会社を選ぶ

不動産投資では、資金計画から物件の購入・管理・売却まで、不動産投資会社にお世話になることになります。
管理料や仲介料など出費はなるべく抑えたいものではありますが、これらの費用が安いという理由だけで選ぶことは危険です。
不動産投資の実績や経験などが豊富で、適切な管理をおこなっている管理会社を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

青山メインランドは、不動産投資用のワンルームマンションを首都圏で販売している企業であり、近年は販売実績・入居率において急成長しています。
不動産投資では、アフターフォローまでしっかりおこなってくれるというよい口コミもありますので、興味が出た場合はぜひチェックしてみることをおすすめします。

おすすめコラム一覧

コラム一覧に戻る